根本から治療 ツライ腰痛の改善法

根本から治療 ツライ腰痛の改善法

腰痛の改善

はっきりとした原因が分からず、腰痛が長引いて困った経験をした人も多いのではないでしょうか。
実に、8割以上の人が悩んでいるとも言われています。
特に動けないほどの痛みを伴った場合は、不安になってしまうことでしょう。
そのような場合、まずは腰痛の症状が始まったきっかけを思い出しながらその原因を探ることから始めましょう。
その原因のひとつにはストレスが挙げられることもあります。
原因がはっきりしない腰痛の症状は、筋肉に対する負担の軽減と適切な動かし方を心がけ、柔軟性を回復させることで改善する可能性があります。
動けないほどの痛みがある場合は、無理して動かず、安静にして痛みが軽減する姿勢を見つけましょう。
その姿勢から少しずつ動けるか確認しましょう。
腰痛症状には主に2種類あります。
ひとつはぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症と、もうひとつは何度も繰り返して起きる慢性腰痛症です。
腰痛の症状を和らげる基本は、温めて硬直している筋肉を柔らかくしながら動かして、柔軟性を回復させることが有効です。
急性腰痛の場合は、安静にすることと場合によっては冷やすことがポイントです。
特に、無理な姿勢からの急に動かして痛みを発症した場合、スポーツや長時間の立ち仕事で腰に負担をかけた場合などが原因で腰痛の症状が出たら、安静にして痛みが治まるか様子を見てから次の対処をします。
症状や個人差によって違いますが、安静にする期間は3〜4日程度でそのあとは、動いたほうが早く回復します。
安静時のポイントは、痛い部分が舞台的に分かるならば、痛みのある方を下にして横になっていると楽なことが多いようです。
イメージはエビのような姿勢です。
5日を過ぎても痛みが治まらない時は、骨格の異常や内科系疾患などを伴っている可能性があります。
痛みは和らいでも2週間異常痛みが続く時も医療機関で診断してもらうことをオススメします。
腰痛の症状があっても、仕事を休めないなどどうしても動かないといけない場合は、上半身をさせる腰を補助してあげることで負担を軽減することができます。
サポーターやコルセットなどを利用して、上半身の支えを補助し、姿勢の歪みを矯正することで腰への負担を軽減します。
腰への負担を軽減しないと、上半身を支える筋肉が硬直したり弱ったりして支えきれずに神経を圧迫して、さらに腰痛に悩まされることが多いからです。
また、特にデスクワークなどの仕事をしている人は、同じ姿勢を長時間続けないように意識して、柔軟性を失わないようにこまめに動こすことも重要です。

関連サイト

Copyright (C)2018根本から治療 ツライ腰痛の改善法.All rights reserved.